VPNが遅いと感じるあなたに!VPNの仕組みと速度を改善する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
VPNが遅いと感じるあなたに。VPNの仕組みと対処法

VPNに求める物として、多くの人が「速度」と答えるかもしれませんが、VPNによってなぜ速度が変わるのでしょうか。

今回はVPNの速度に関する仕組みや、快適な速度とは、について記事にします。

1.VPNが遅くなる原因

ヤン君
おそーい、全然表示されない!

えびちゃん
じゃあ、まずはどんな時にネットが遅くなるのか見てみようか。

普通に毎日ネットを使っていてもインターネットの仕組みってあまりわからないですよね。

まずは通常のインターネットを使った場合のWebページを表示する仕組みと、VPNを使った場合のWebページを表示する仕組みを理解して、どのような時に私たちが「遅い!」と感じるのか見てみましょう。

1-1.インターネットによるWebページを表示する仕組み

インターネットの仕組みとは?

まずは通常のネット回線を使って、Webページを表示する仕組みを見てみましょう。Google検索をしたり、Yahooニュースを見たときに裏側ではどのような処理が行われているか確認してみます。

通常、Webページを表示する場合は、あなたのスマホやパソコンからWebサイトがあるWebサーバ君に対して「このページを表示して!」という依頼を出します。

そこでWebサーバ君は「表示する文字や画像」を私たちのスマホやパソコンに送信してくれて初めてWebページが見ることができるんですね。

スマホとWebサーバでやり取りする仕組み

実際に今ご覧になっているこのページも、あなたのスマホやPCから、このサイトが置いてある東京のWebサーバ君に依頼して、文字情報や画像が送られているから表示されているわけですね。

今の日本ではそれほど気になりませんが、普通にWebページを見る場合でも様々な原因によって表示速度は変化しています。

表示速度が変化する原因として、次のようなものがあります。

 

  • 契約している回線の速度
  • 同じネット回線を使用している人数
  • 同じネット回線の使用量
  • 表示するWebページのサイズ
  • Webサーバの性能
  • 同じWEBページを見ている人数
  • 利用している端末の性能
  • 利用している端末の電波状況
  • WEBサーバまでの距離  etc…

このように普通にWebページを見るだけでもネットが早い!もしくは遅い!と感じる原因はたくさんあるわけですね。

ヤン君
VPNを使わない時でもいろいろ遅くなる原因があるんだな。
えびちゃん
そうだね、別に覚える必要はないけど、原因はたくさんあるんだよ。

1-2.VPNを使った場合のWebページを表示する仕組み

VPNの仕組みとは?

では次に、VPNを使った場合のWebページを表示する仕組みをみてみましょう。

VPNの場合は、上記で説明したWebサーバ君との通信以外に、VPNサーバ君を通す必要があります。

VPNサーバ君は、ネットのセキュリティを高めたり、中国から規制されたWebページやサイトを見れるようにしてくれる、とっても素晴らしくできる子なのですが、VPNサーバ君を経由することによってどうしてもネットの速度は遅くなります

経由するサーバが2つになることにより、サーバの性能や使用する人数の影響も大きくなってしまうということですね。

VPNサーバを通すことにより通信速度が低下する

VPNサーバ君を通すことによる速度低下の原因以外に、中国当局がVPNサーバを規制していたりすることで速度低下や、そもそもページが見れない!といったこともありえます。

他にもスマホだと電波が頻繁に切り替わるので、更に遅いと感じる場合があります。

これらの状況が複雑に絡まりあって、ユーザはネットの速度が速い!もしくは遅い!と感じるわけですね。

ヤン君
VPNを使ったら、遅くなる原因が増えるってことか。
えびちゃん
うん、普通にネットを使うより遅くなる原因は増えるよ。中国の規制による遅延以外は、日本でも同じように遅くなるね。

1-3.実際の環境で想像してみよう

実際の環境で考えると更に理解が深まると思います。

例として我が家の環境で測定結果が変化しそうな原因を太字にして挙げてみます。ある日のある瞬間を取り出しただけのものですが、それだけでもこれくらいの違いがあります。

我が家(中国大連)から、○月○日○曜日規制強化期間中に、中国聯通の100M回線かべネコVPNを使っている。

家族構成は、私、妻、子供の3人暮らしで時々祖母が手伝いに来てくれる。

近所には家族で住んでいる家庭が多く、週末にはたくさんの子供が外で遊んでいる

夜8:00に、妻はスマホのアプリWechatで動画通話し、子供はテレビでネットワーク経由でアニメを見て、祖母はスマホでニュースを見ている

僕は、Shadowsocks使ってブログ記事調査のため、Googleで複数回検索をしている。

速度変化の大小はありますが、このうちひとつでも状況が変わればVPNの速度も変化します。

ヤン君
中国ではTVでネットのアニメが見れるのか。
えびちゃん
うん、何回でも繰り返し見たりできるから、うちの子はひたすら見てるよ。
ヤン君
目がヒラメになっちまうぞ
えびちゃん
(ヒラメ!?)

2.我が家のVPN回線を24時間計測してみた結果

我が家のVPN回線速度

下記のグラフは僕の家のパソコンからVPN速度を計測してみた結果です。

Speedtest.netというサイトでVPNを使って24時間5分おきに測定した結果です。大切なのは瞬間的な数値ではないことを覚えておいてください。

 

僕も使っているかべネコVPNさんの測定結果ですが、比較的安定していて常に3Mpbs出ているような状況です。ただグラフを見ても分かる通り、同じ計測ツールを使って直前まで4Mbps出ていても、5分後には1Mbpsしか出ていないという事は十分にありえます。

そのため最大30Mbpsでました!というよりは、いつでも5Mbpsでます!のほうがユーザにとっては快適な通信速度になるんですね。

3.じゃあどれくらいの速度ならいいの?

日本でよく通信速度の話題に挙がる格安SIM(MVNO)で調べてみるとわかると思いますが、通常のスマホ使用であれば3Mbpsも出ていればYoutubeなどの動画閲覧でも問題なく使用することができると言われています。

3-1.速度があまり必要ない(200Kbps以下)

  • 文字のみのWebサイト閲覧
  • SNSのチャットやメールのやり取り

3-2.1Mbps程度はあったほうがいい

  • 通常のWebサイト閲覧
  • Youtubeの低画質鑑賞
  • あまり通信しないネットゲーム

3-3.3Mbps程度は欲しい

  • Youtubeの高画質鑑賞
  • 画像が多くあるサイトの閲覧

3-4.それ以上(5Mbps以上)

  • 非常に重いファイルのダウンロード
  • MMOなどのネットゲーム

 

ヤン君
動画はほとんど見ないから1Mもあればいいのか。
えびちゃん
この数値はあくまで参考値だから注意してね!人によって必要なネットスピードは違うから、自分がよく使うWebサービスは何なのかを知っておくことも大事だね。

 

自分が必要な通信速度を理解して、平均的にその速度が出ているVPNサービスがいいですね。

4.VPN事業者も通信速度を売りにしていない

VPN提供会社のサイトを見てみると分かりますが、どの会社もVPN速度を売りにしていません。

ヤン君
高速!とか言ってるぞ?
えびちゃん
人によって高速の感じ方が違うから、なにを持って高速というか分らないよね。

4-1.実際の速度を測ってみよう

まずはご自身の環境で実際に計測してみてください。多数のサイトやアプリが無料で公開されていますので、それぞれのツールを使って実際に計測してみてください。

ツールによって全く結果が異なることが分かると思います。

※スマホの場合はアプリ版であったり、大きめの通信量となる場合があるのでご注意ください。

Fast.com
SPEEDTEST
Google スピードテスト
BNRスピードテスト

他にもGoogleの検索画面で「スピードテスト」と検索すると、検索結果画面で計測できる場合があります。

 

ヤン君
全然結果が違うな
えびちゃん
ネットの速度はホントにたくさんの原因が絡み合うから結果は全然違くなるんだ。

 

このように接続先のサーバや、サーバの性能、計測方法の違いなど様々な要因で通信速度は変化しているわけです。

そのため、VPN提供会社も各ユーザに合わせてVPNの速度を売りにすることはできません。

各VPN提供会社のサイトを見てみると、「高速!」や「快適!」という抽象的な売りはありますが、「5Mbps速度保障!」や「最大60Mbps出ます!」といった具体的な数値で広告している会社はありません。5Mbps保障とかあったらぜひ契約してみたいですね。

このようにVPNの速度は環境によって全く異なるため、あなたの環境で同様の速度がでるかは誰もわかりません。企業にとっては信用が第一ですし、実際に出るかも、出ないかもしれない速度を売りにすることはできませんよね。

5.結局どうすればいいの?

VPNの速度を確実に判断するには、結局は自分で計測して自分の目で見るしかありません。

ただ普通の人は24時間ずっと計測するなんてできませんよね。

そのため、ご自身が良く使うサイト、アプリを色々なタイミングで使ってみることをオススメします。

またYoutubeやNetflixなど、サービスによっては速度計測用ツールを提供している場合があります。使用するサービスが決まっているのであれば、これらのツールを使うことが一番確実かと思います。

ツールで計測してみる場合でも、使用する時間や回線を変えて同じように見れるか確認してくださいね。

6.VPNが遅いと感じたときは

回線の問題なのか、VPNの問題なのか、自分で分かれば対処の仕方も分かるのですが普通はなかなか難しいですよね。

そのため、よくある原因と対処法をご紹介します。

6-1.使用している端末に問題がある場合

 

  • VPNをつなぎなおしてみる
  • 機内モードにしてスマホの回線をリセットしてみる
  • 別なVPNサーバを使ってみる
  • 4Gなど別な回線を使ってみる

意外と知られていませんが、スマホの場合は何度もネットワークが切り替わるためVPN接続も不安定になりがちです。

そんな時は、一度VPNを切って機内モードにし、すぐに機内モードを解除すると、ネットワークがリセットされるためVPNが素早くつながるようになったり、通信速度が速くなったりします。

僕の場合は、エレベーターの乗り降りでよくネットワークが不安定になるので、よくこれで復活しています。

6-2.環境に問題がある場合

 

  • 壁の向こう側とかはLUNケーブル使った方がいい
  • 別なプロトコルに変更してみる
  • VPNの事業者を見直す
  • DNSサーバを変えてみる
  • 使用している回線を見直す(プロバイダを変更する)

家でWiFiを使っている時など、壁の向こう側にルーターがあると電波が悪くなったりする場合があります。

中国のルーターは近くのバス停まで届くほど強力であるにも関わらず、マンションの壁は通さなかったりするので電波状況も確認してみてください。

ヤン君
機内モードにして戻しただけで速くなったぞ!
えびちゃん
スマホの場合は特に自分側に問題があることも多いから時々機内モードにしてみると幸せになれるよ!

よく使うWEBサービスに必要な速度が出ていないのであれば、自宅のネット回線やルータも見直してみましょう。

あくまでVPNの速度は、ネットが遅くなる要因の一つでしかありません。私の場合は、長城から中国聯通に変えるだけで日常生活では困らない速度がでるようになりました。

まとめ

VPN速度の仕組みや、対処法についてご紹介しました。

瞬間的な最大値にはあまり意味はないので、あなたにとって最低限必要な速度がいつでも出るかがVPNにとって重要なことです。

使用したいと思ったその時に、必要な速度が出ているかがユーザにとって快適な速度であると考えます。

当サイトでも、VPN速度を可能な限り詳細にして提供していますが、あくまで参考値であることをご理解ください。

あなたがVPNに求める速度はあなたしかわかりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Shadowsocksが使える「かべねこVPN」をレビュー!

当サイトがオススメする「かべねこVPN」について、問い合わせ対応や通信速度を徹底検証してみました。

ユーザを第一に考える株式会社エフネット

  • 規制に強い!
  • 繋ぎっぱなしてOK!
  • 簡単設定!
  • 速度も速い!

 

良いとこだらけの「Shadowsocks」が使える「かべねこVPN」で、快適ネットライフを送ろう!


「かべねこVPN」をトコトン検証してみた

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*